サラシア効果 糖分の吸収を抑える。

サラシアFAQ 食事で摂取した多糖類(デンプンなどの炭水化物)がまず、二糖類(砂糖はそのままで二糖類)にまで分解され小腸に行きます。二糖類はそのままでは、体内に吸収されない為、小腸にある「αグルコシダーゼ」という酵素によって単糖(ブドウ糖)に分解され体内に吸収されます。サラシアが、糖分の吸収をおさえる仕組みはサラシアの特有成分であるダスデス「DASDES」(学術上はサラシノールと表現される事もある)とコタレノールが「αグルコシダーゼ」の働きを阻害するからです。

サラシア効果 低血糖になるのでは?
サラシアを飲みすぎて低血糖を起こす心配はありません。
低血糖は脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足する為に起こります。サラシアは二糖類以上の糖の吸収は抑えますが単糖(果糖、はちみつ等は始めから単糖)のブドウ糖には影響しません。
(単糖は小腸にある「αグルコシダーゼ」という酵素に関係なく体内に吸収される為です)

サラシア効果 便秘
サラシア効果により吸収されなかった二糖類以上の糖(オリゴ糖等)も大活躍!
吸収されなかった二糖類は大腸に行き大腸内善玉菌(ビフィズス菌など)のエサとなり善玉菌の数が増えていきます。したがって腸内環境が改善され善玉菌優勢の状態になり悪玉菌が改善され住みにくくなります。
その結果、優勢となった善玉菌の作る乳酸の刺激で腸の便を押し出す力が活発になり便通の改善になるのです。

ホームに戻る